脱腸とは|更年期障害にも負けない|正しい治療方法を探そう
レディ

更年期障害にも負けない|正しい治療方法を探そう

脱腸とは

看護師

脱腸は名前の通り腸や腹膜がはみ出す病気

脱腸とは足の付け根あたりの鼠径と呼ばれる部分に、腸や腹膜の一部がはみ出してしまう病気です。鼠径ヘルニアとも呼ばれています。年齢性別を問わず起こる病気です。足の付け根の膨らむ場所によって、腹部にできる外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、太もも側にできる大腿ヘルニアの3種類があります。 脱腸になると、立った姿勢の時や、お腹に力を入れた時に鼠径付近に膨らみを感じます。初期の段階では痛みもなく、手で押さえると引っ込んでしまう程度ですので軽く考えがちです。しかし症状が悪化すると痛みを感じるようになります。突っ張ったような違和感もあり、膨らみも硬くなり、手で押さえても引っ込まなくなります。息苦しさを覚えることもあるようです。

日帰り手術も可能です

脱腸が起こる原因はさまざまあります。先天性の場合もあります。加齢による筋力の低下で内臓を支えきれずに起こる場合もあります。力仕事や立ち仕事が多いと起こる場合や妊娠による場合もあります。 脱腸はそのまま放置しておいて、自然に治るものではありません。ヘルニアバンドを使用する人もいますが、バンドはただ単に押さえているだけの状態ですので、治るということはありません。脱腸は、だんだんと大きくなり痛みも増してきます。血流障害なども引き起こします。早めに病院を受診してください。 治療は手術以外には方法がありません。手術方法は切開による方法と、腹部に腹腔鏡を挿入して行う方法があります。日帰り手術が可能な場合もあります。